カンジダの症状と症例 - カンジタの市販薬

2012年12月06日

カンジダの症状と症例

カンジダを引き起こす原因となるカンジダ・アルビカンスは特別な菌ではありません。

元々、人間に存在する常在菌です。

カンジダが存在する場所は、腸管や膣、皮膚等の広範囲に渡っています。

しかし、健康な状態であれば、これらのカンジダ菌が悪さをする事はありません。

ただ、病気等で、免疫力が低下した場合や、病気の治療の為に抗生物質を投与した場合。

カンジダ菌が異常繁殖して、発症する事があるのです。

カンジダが皮膚に発症すると、「カンジダ性指間びらん性」と言い、中指と薬指の間に赤味が生じたり、痒みや、ただれが発生します。

あるいは手カンジダと言い、手が乾燥して、ガサガサになる症状がでる場合もあります。

口の中にも、カンジダ菌は存在し、この口中のカンジダが繁殖すると、口の中に白い苔のようなモノが生じます。

この苔は、舌でも簡単に剥がれますが、同時に出血を伴い、非常に不快です。

また、爪にも、症状が出る事もあります、爪に白い線が入ったり、デコボコになったりする他に病気が進行すると。

爪が変形し、膠原病を併発する場合もあります。

また、内臓でも増殖する事があります、食道カンジダでは、食べ物を飲み込むのが困難になったり。

他の臓器では吐き気やめまいを起こす事もあり、厄介です。

カンジダは、女性の膣内にも存在するので、性交渉でも感染する性病の一種です。

ですから、女性の場合は、恥ずかしがり、ひどくなるまで症状を放置する事もあるようです。

しかし、カンジダには治療薬があります、カンジダかなと思ったら恥ずかしがらずに病院を受診するのが賢明です。

カンジダの薬の購入はこちら











ラベル:カンジタ症状
posted by カンジタ市販薬 at 12:44| Comment(0) | カンジタ市販薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright © カンジタの市販薬 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。